プロが教えるピーピースルーの使い方

ピーピースルー(和協産業株式会社)

ピーピースルーはプロ御用達の排水パイプ専用の薬剤です。トイレ、キッチン、お風呂、洗面台のつまりを除去するときに役に立ちます。ここではそんなピーピースルーシリーズの概要、使い方、注意点などをプロの視点で解説します。ぜひ参考にしてください。

続きを読む

プロが教えるトイレの便器の交換方法【実践編】

交換前の便器(TOTO)

便器そのものの寿命は数十年といわれていますが、各種パーツの寿命は便器より早く訪れます。また便器の性能は日進月歩ですので、最新の便器に交換したいという需要もあり、10年~15年程度が実質的な便器の寿命、というのが相場ではないでしょうか。

ここでは実際に行った便器の交換作業を写真をふんだんに使って解説します。

続きを読む

プロが教える台所の蛇口の交換方法【実践編】

分岐水詮付き台所蛇口交換

台所の蛇口は家庭の水まわりの中で最も使用頻度の高い箇所と言われています。そう簡単に壊れるものではありませんが、10年~15年程度でトラブルが出始めることが多いです。食洗器を購入して蛇口を分岐させる必要が出たり、使用環境の変化に合わせて蛇口の交換を検討する方も多いかもしれません。

ここでは台所の蛇口の交換の実践編ということで、分岐水詮付きワンレバー混合栓の交換作業を解説します。築40年超の物件であり、数回の設備更新を経ているお宅での作業です。築古物件でありがちですが、点検口内の奥行の狭さ、水詮金具の固着などが作業の難易度を上げる結果となっています。サンダーでの切り回し作業や、フレキホース(ベンリー管)を切断してねじ山を作った上での配管の調整などは素人の方には敷居が高いかと思います。まず必要な道具が手元にないことがほとんどでしょう。サンダーを使った作業は慣れていないと危険ですので、同じような作業が必要なケースではプロに依頼した方が無難でしょう。

続きを読む

プロが教えるお風呂の蛇口を交換する方法

お風呂の蛇口の寿命は10年~15年、カートリッジ内蔵のモデルの場合はもう少し短くて8年~10年といわれることがあります。家族構成や、日頃の使い方によって水漏れなどのトラブルがいつ出始めるかは変わります。蛇口の交換を検討するきっかけになる理由のうち、体感的に一番多いのが「カランとシャワーの切り替えレバーからの水漏れ」です。次に多いのが「蛇口の根元からの水漏れ」で、次が「サーモスタットの温度調整レバーの故障」というところでしょうか。

使用頻度が高い蛇口であり、またパッキン類はゴムでできているため時間の経過とともに劣化することは避けられません。ここでは10年超使用してきたお風呂の蛇口(壁付きシングルレバー混合栓)を、新しい蛇口(壁付きツーバルブ混合栓)に交換した際の手順を解説します。

続きを読む

プロが教える洗面台の蛇口を交換する方法

交換前の蛇口

洗面台の蛇口が古くなると、水漏れが始まったり、汚れや劣化が気になったりするようになります。そんなときには蛇口本体ごと交換するのがよいでしょう。蛇口の種類も今では様々なタイプが販売されていますが、一般的なツーホールツーハンドルタイプの蛇口などであれば、ポイントさえ押さえれば自力で交換することも十分に可能です。

ここではツーホールツーハンドルタイプの蛇口を、新しいツーホールツーハンドルタイプの蛇口に交換する手順を解説します。

続きを読む

排水管のつまりを予防する排水口フィルターの作り方

排水管・排水口がつまるトラブルがよく起こるのは、キッチン、お風呂、洗面台です。つまりの原因はさまざまではあるものの、水以外のゴミ、髪の毛、油分などの異物が排水口に流れ込み、長い年月をかけて排水管のどこかでつまりを起こす、というのが典型的なパターンです。

この典型的なつまりのトラブルを予防するために、市販のグッズを使うよりも効果が出て、しかも身近なものを使って自作できる方法をご紹介します。プロの目から見ても理にかなっていて、しかもコストパフォーマンスも良い方法ですのでぜひ実践してください。

続きを読む

トイレが臭い場合の原因と対処法

定期的に掃除はしているのに近頃トイレに入るとやけににおう、鼻をつくきついにおいがするなど、トイレがクサい場合の原因とそれぞれの対処法を解説します。目の届く範囲を清掃だけしていても、手の届かないところに汚れがたまっていたり、トイレタンクの不具合が根本的な原因であったりします。クサいにおいの原因となる要素を順にチェックし、快適なトイレ空間を取り戻しましょう。

続きを読む

便座や便ふたが割れた場合の交換方法

トイレの便座や便ふたが割れることがあります。便座や便ふたの多くは樹脂でできているため、長年使っていると劣化し、疲労してきます。いつもと特段変わりなく使っていても、座って体重をかけたときや、便座や便ふたをおろしたときに割れたりします。

最近では様々なタイプのトイレ(便器)が販売されているため、便座や便ふたの構造もいろいろですが、アパートや賃貸マンションのトイレであればごく一般的なタイプが多いでしょう。ここでは特殊なタイプを除き、一般的な便ふた、便座が割れた場合の対処法を解説します。

続きを読む

プロが教える浴室排水のつまりの直し方

お風呂(浴室)でシャワーを浴びていたら突然排水が流れていかなくなった、という事態を経験したことのある人はそこまで多くないかもしれません。しかし長い間住んでいる戸建てであればいつかそのようなトラブルに遭遇します。住み始めたばかりの賃貸物件でも、管理状態が悪ければロシアンルーレットのように思いのほか早く排水トラブルに遭遇するかもしれません。

ここではお風呂(浴室)の排水がつまった場合に、一般家庭にあるもの、比較的簡単に手に入るものを使ったつまりの直し方や、水まわりの修理のプロがどのように対処するかなどを詳しく解説します。また、浴室排水の仕組みや、浴室のつまりを引き起こす原因についても言及しています。かなりボリュームがありますので、もし今まさにトラブルが起きていて急いでいる場合は、記事内の目次から必要な情報の部分に飛んでください。

続きを読む

プロが教えるトイレのつまりの直し方

トイレのつまりは突然起こります。いつも通り使っていたつもりが、急に排水されずに便器に水がなみなみたまって驚いたり、モノを落としてつまるべくしてつまるケースも当然あります。ここでは一般家庭にあるモノを使ってつまりの除去を試みる方法から、ホームセンターなどで手に入るラバーカップ、パイプクリーナー、薬剤などの使い方まで、トイレのつまりを除去する方法を網羅的に解説します。

今まさにトイレがつまって困っている方のために、大前提となる考え方を書いておきます。トイレのつまりの原因は「水に溶けるもの」「水に溶けないもの」の2通りに分けて考えることができ、「水に溶けないもの」に対して「お湯」「薬剤」は効果がありません。水に溶けないモノを落として便器に吸い込まれていくのを見ていたような場合を除いては、原因箇所が見えないわけですから「推測」の域を出ません。よって一般的には「お湯」「薬剤」なども含めてソフトな手法から順に作業を行っていくことになります。その順序は、お湯<薬剤<ラバーカップ<真空式パイプクリーナー<ワイヤーブラシ(ワイヤー式パイプクリーナー)<圧力ポンプ(ローポンプ)<ワイヤートーラー<便器脱着、となります。圧力ポンプ(ローポンプ)、ワイヤートーラーはプロ用の機材となり一般家庭に常備されていることはまずないでしょう。便器の脱着も素人の方が行えないこともないのですが被害拡大を招くことがあるのでお勧めはできません。

もしトイレがつまって原因がはっきりしない場合、以上の考え方からお湯、薬剤、ラバーカップ、もし道具があれば真空式パイプクリーナー、ワイヤーブラシ(ワイヤー式パイプクリーナー)を使って丁寧に作業を行い、改善しないようであれば、プロに相談することをおすすめします。なお、この記事はかなりのボリュームがありますので、知りたい情報がはっきりしている場合には、目次から該当の箇所へリンクをたどってください。

続きを読む

24時間受付・365日対応・深夜早朝可
電話でのご依頼はこちら:0120-180-144
【24時間・365日】水のトラブル解決します
24時間受付・365日対応・深夜早朝可
電話でのご依頼はこちら:0120-180-144
【24時間・365日】水のトラブル解決します
24時間受付・365日対応・深夜早朝可
電話でのご依頼はこちら:0120-180-144
24時間受付・365日対応
つまり・水漏れ解決します