止水栓からの水漏れを直す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

洗面台やキッチンの下にはスペースがあります。そのスペースから水が漏れてきて驚いたことがある人もいるでしょう。原因はいくつかのパターンがありますが、ここでは止水栓からの水漏れが起こっている場合の対処法を解説します。

止水栓は普段あまり触れることがないと思います。止水栓の開け閉めだけでも躊躇してします方も多いかもしれません。止水栓の操作方法などについては、「止水栓の開け方、閉め方、調整方法」で解説していますのでそちらで確認してみてください。

ここでは洗面台やキッチン下のスペースに設置されている止水栓からぽたぽたと水漏れが起きている場合の修理方法を解説していきます。止水栓のタイプによりますが、最も普及している従来型のタイプであれば修理はさほど難しくありません。ぜひ水道業者に依頼する前に、自分で直せないか挑戦してみましょう。

止水栓の構造

もし設置されている止水栓が、スピンドルをパッキン押さえで締めつけるタイプのものであれば、作業はとても簡単です。このタイプの止水栓の構造は、単水栓(普通の水道蛇口)を横にしただけといっていいほど似ているからです。止水栓の中の三角パッキン、パッキン受け、スピンドル、コマなどのパーツも、普通の単水栓と同じものが使われていることがほとんどです。

よって、もし従来型の止水栓からぽたぽたと水漏れしている場合は、単水栓の水漏れと同じように対処できます。ほとんどのケースでは、三角パッキンを交換することで直すことができるでしょう。これは洗面台の止水栓であれ、キッチンの止水栓であれ、同じことです。

止水栓のパッキンを交換する

洗面台下、キッチンのシンク下の止水栓が、従来型のスピンドルをパッキン押さえで締め付けるタイプの場合のパッキン交換の方法を解説します。ハンドルタイプと、ネジ式タイプが一般的です。それ以外の特殊なタイプの止水栓であった場合は、メーカーや水道業者に相談した方がよいでしょう。

念のため水道の元栓を閉める

パッキンの交換だけであれば元栓を閉めずとも作業を終えることができます。しかし元栓を閉めずにパッキンのもう少し奥にあるスピンドルを回してしまうと水が吹き出します。念のため水道の元栓を閉めて作業しましょう。

洗面台下、キッチン下の止水栓を閉める

ハンドルタイプの場合は普通に水道蛇口を閉める要領で手で回せば閉めることができます。ネジ型であればマイナスドライバーを使って閉めましょう。

三角パッキンを取り出す

色ビス、ハンドル、パッキン押さえを外し、三角パッキンを取り外します。単水栓の分解方法と同じです。

  1. (ハンドルタイプの場合)ハンドルを手で押さえて、ハンドルの上の色ビスをペンチやカランプライヤーを反時計回りに回します。固着していてかなり力が必要な場合もありますが、一度動き始めれば後は指でも楽に回すことができるようになります。
  2. (ハンドルタイプの場合)ハンドルを上に引き抜きます。このときも、設置されてから相当に年数が経過している場合は引っかかってうまく抜けない場合があります。破損させない程度に上下左右に力を加えるなりして少しずつずらしましょう。びくともしない場合には、ハンドルの裏から当て布をして、ハンマー等を使って叩くしかありません。その場合も破損させないよう、一方向だけを叩くのではなく、ハンドルを軸に対して斜めにならないように保ちながら叩く位置を変えつつ分散して力を加えるのがコツです。
  3. パッキン押さえをペンチやカランプライヤーを使って反時計回りに回して緩めます。緩んだら指で回してスピンドルから抜きます。パッキン押さえの下にパッキンはあります。パッキン押さえに張りついて一緒に取れるか、スピンドルに残る場合があります。パッキン押さえの裏側に密着してなかなか取れない場合はキリやマイナスドライバーなどを使って剥がしましょう。
  4. 三角パッキンの下にはパッキン受けがあります。パッキン受けは本体の奥に収まっている可能性があります。その場合はハンドルをはめてスピンドルを1、2回まわすと上に上がってきます。指でつまんで外しましょう。

新たしいパッキンに交換し組み立てる

ここからは分解したのと逆の手順を踏むだけです。新しいパッキン受けと新しい三角パッキンをスピンドルの軸に差し込みます。次にパッキン押さえをはめ込み指で締められるところまで締め、最後はペンチやカランプライヤーを使って締め付けます。強く締め付けすぎるとハンドルの動きが固くなりるので注意しましょう。最後にハンドルをスピンドルの軸にはめ込み、色ビスを差し込み、ペンチやカランプライヤーを使って締め付けて完了です。

止水栓、元栓を開ける

最後に止水栓と元栓を開け、止水栓部分からの水漏れがないかを確認し、作業完了となります。

止水栓からの水漏れについてまとめ

止水栓というと普段なかなか触れることがないため、「止水栓からの水漏れ」というと気構えてしまいがちです。しかし従来型のハンドルタイプやネジ式タイプであれば、何も恐れる必要はありません。新しいパッキンとできればついでに新しいパッキン受けがあれば、工具はペンチ、カランプライヤー程度が手元にあれば交換できてしまいます。スピンドルを回す場合には元栓を閉めておくことだけは忘れないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

24時間受付・365日対応・深夜早朝可
電話でのご依頼はこちら:0120-180-144
【24時間・365日】水のトラブル解決します
24時間受付・365日対応・深夜早朝可
電話でのご依頼はこちら:0120-180-144
【24時間・365日】水のトラブル解決します