指定給排水装置工事事業者とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

水まわりのトラブルに見舞われて自分で復旧できそうにない場合、プロの水道業者の出番です。すぐに来てくれる地元の緊急水道業者はどこなのか探しているうちに「指定給排水装置工事事業者」という単語を目にすることが多いと思います。「指定業者」と略して呼ばれることも多い「指定給排水装置工事事業者」とは何なのか、指定されていない業者に依頼することに問題はあるのかなど、一般の方が疑問に思うであろうことを分かりやすく解説します。

指定給排水装置工事事業者について

例として千葉県水道局の公式ウェブサイト内のFAQで、とても分かりやすく解説されています。水道法によって定められている内容のため、基本的には他の都道府県でも同様と考えて差し支えないですが、細かな部分で各都道府県独自の条例を定めているケースがありますので、念のためお住まいの地域を管轄する水道事業者のウェブサイトを確認するとよいでしょう。

指定給水装置工事事業者よくある質問(FAQ)千葉県水道局

  • 指定給排水装置工事事業者とは

水道法第16条の2第1項に基づいて水道事業者(千葉県水道局)がお客様の給水装置の工事を適切に行うことができると認められるものとして指定した事業者のことを言います。

  • なぜ指定するのか。

お客様の給水装置の構造と材質について、水道法に基づいた政令で定められた基準に適合していることを確保するため、つまりはお客様の蛇口までトラブルなく安全な水道水を供給するために、きちんと工事ができる事業者を指定します。
この指定を行うことで、千葉県水道局が指定した以外の事業者が施工した工事については、政令で定められた基準に適合していることが確認されるまで給水を拒むことができるようになります。

  • 水道の修繕は指定給水装置工事事業者に依頼しなくてはならないのか。

配管を伴わない、給水用具(単独水栓、パッキン)の部品の取替えについては、お客様自身で行ってもかまいませんが、配管を伴う工事については指定給水装置工事事業者に依頼しなくてはいけません。

  • 指定給水装置工事事業者を紹介してもらえないか。

市場の公平性を保つため、千葉県水道局から特定の事業者を紹介することはできません。
事業者名簿は当局が指定している事業者を市町村ごとに掲載しておりますので、お近くの事業者をいくつか選んで事前に見積もりを取って納得したうえで工事をご依頼ください。
なお、事業者の中には修繕工事を請け負っていない会社もございますので、ご了承ください。

  • 工事の標準的な費用はいくらか。

千葉県水道局では工事の費用は把握しておりませんので、複数の事業者から見積もりを取ってご検討ください。

指定給排水装置工事事業者に依頼することのメリット

上記のFAQを読むと分かるのですが、水道法によって指定業者でないと行ってはならない工事が指定されています。配管を伴う工事については指定業者でないと行うことはできません。給水用具の部品の取替であれば、指定業者でなくとも、水道業者ですらない一般人でも行っても構わない、と記載されています。

では水まわりのトラブルに見舞われたときに、指定業者に依頼することのメリットは何でしょうか。それは、「もし配管を伴う工事に発展した場合、指定業者であればそのまま工事に入れる」ということです。既に配管を伴う工事になることが明白である場合は、指定業者以外の業者を呼ぶことは確実に二度手間となるため避けましょう。配管を伴う工事になるかどうか分からない場合であっても、ひとまず指定業者を呼んでおけば間違いありません。

指定給排水装置工事事業者に依頼する場合の注意点

指定業者に依頼すること自体にデメリットはありません。しかし、注意点があります。

公的な機関ではない

FAQにもあったように、指定業者であるからといって割安な料金で工事してもらえるとは限りません。指定業者であることを前面に出して、あたかも公的な事業体であるかのように振る舞う水道業者も中にはありますが、公的な機関ではなく一般的な営利法人や個人事業主です。技術力が確かかどうか、誠実に対応してくれるかどうかなど、一般的な商品やサービスを選ぶときと同じ目線で吟味することが必要です。

修繕工事に対応しているとは限らない

同じくFAQにあった通りですが、指定業者だからといって必ずしも修繕工事に対応しているとは限りません。リフォーム会社や、ガス工事会社、建築会社、商店など、指定業者リストには様々な業態の事業者が入り乱れています。それぞれの業態の事情によって、指定を受ける必要があったため申請を出し、指定を受けているわけです。一般個人からの水まわりトラブルの修繕工事に対応してくれる業者、しかも深夜早朝など緊急で飛んできてくれる業者は、全指定業者の中のほんの一握りです。

指定業者リストが見にくい

これは仕方ないことかもしれませんが、どの水道事業者のウェブサイトにも通常は指定業者リストが用意されています。このリストのデータが、PDFで用意されていることが非常に多いのです。そして、水まわりのトラブルであわてている緊急時に、PDFのリストを見ながらどの業者がよいか吟味するのはかなりストレスフルな作業といえます。

指定業者の数が多い

試しにお住いの地区を管轄する水道事業者のウェブサイト内の、指定業者リストを開いてみましょう。相当な数の事業者情報が登録されています。そして先に説明した通り、様々な業態の事業主が入り乱れています。果たしてどの指定業者に連絡すれば対応してくれるのか、リストを一見しても全くわかりません。

ウェブサイトのない指定業者が非常に多い

試しに任意の指定業者名をGoogleなどで検索してみましょう。ウェブサイトがすぐに見つかる業者は、良くて全体の3割程度です。残りの7割の指定業者はiタウンページにすら登録していないところがほとんどです。緊急トラブル時にすぐに対応してくれる業者を探しているのに、指定業者リストを片っ端から電話する気は起きないでしょう。深夜早朝などはそもそも電話がつながらないところがほとんどのはずです。結果的に、指定業者リストの中から、ウェブサイトがあって、しかも個人向けの緊急トラブルに対応している業者を探すことになりますが、全指定業者の中で該当するのは1割ありません。

指定業者で緊急トラブル対応可能な業者

以上のように指定業者リストは、一般の個人が水まわりの緊急事態に指定を受けた水道業者を探す用途には、非常に使い勝手が悪いといえます。そこで弊社にて、指定業者リストの中でウェブサイトがあり、かつ個人向けの水まわりの修繕工事を行っていると思われる業者を抜き出してリスト化し、当ウェブサイト内で公開しています。順次拡充していますので、弊社対応地域内であってもまだ精査できていない地域もまだ多いですが、もしお住まいの地域のページができていましたら、ぜひご覧ください。

※尚、最新の情報を掲載するよう努めていますが、念のために掲載している指定業者がお住いの地区を管轄する指定業者リストに載っているか確認をおすすめします。各水道事業者ごとにリストの更新頻度や更新日が異なるためです。

弊社対応エリアのページの市区町村名のリンクから、お住まいの地区のページをたどれるようになっています。リンクが生成されていない地域については、まだ精査できていない地域となります。

また、それぞれの地区において弊社で対応を行った際の事例も、できる限り紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

対応エリアごとの役立つ情報と事例

まとめ

指定給排水装置工事事業者の制度や、一覧利用時の注意点を解説しました。ぜひ当サイト内のエリア別ページを活用してください。もし近場でよい水道業者が見つからない場合には弊社でも対応を行っていますのでお気軽にご連絡ください。

また、自力で水まわりのトラブルを解消するためのノウハウページを順次作成しています。今のところ、下記ページはご一読いただく価値のあるページだと自負しています。ぜひ合わせてご覧ください。

トイレの水が流れない場合の対処法

プロが教える台所の排水詰まりの直し方

止水栓の開け方、閉め方、調整方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

24時間受付・365日対応・深夜早朝可
電話でのご依頼はこちら:0120-180-144
【24時間・365日】水のトラブル解決します
24時間受付・365日対応・深夜早朝可
電話でのご依頼はこちら:0120-180-144
【24時間・365日】水のトラブル解決します